弁護士に相談する

離婚調停を申し込む方法を、知る必要がある

結婚する時よりも離婚をする時の方が、エネルギーを使うとよく言われます。 結婚の場合は幸せいっぱいなので、幾らかの苦労も大したこともなく切り抜けることができます。 しかし離婚となると、そうはいきません。 ですから、離婚をする時は、かなりの労力を使うのです。 最近では、関係が拗れて離婚調停にまで発展する場合が多いみたいです。 離婚調停によって、離婚後の子供の親権の問題や財産に関しての問題などを話しあって離婚問題を解決するわけです。 離婚調停は、家庭裁判所に申し込む必要があります。 夫と妻両方に申し込む権利があります。 申立てに必要な費用は収入印紙1200円と、連絡用の郵便切手だけですので申立てに関して費用はあまりかかりません。 ですので、気軽に離婚調停を申し込むことができます。

弁護士を代理人として立てるのも、一つの方法である

離婚調停は、夫婦間での話し合いが拗れてしまって収拾がつかなくなってしまった場合に、申し立てにより行われます。 例え裁判に持ち込む場合であっても、調停を経なければなりません。 ただ、離婚調停に関して殆どの人はよく知りません。 しかし離婚調停によって、離婚後の大事なことが決まるので調停を有利に進めなければなりません。 弁護士に相談するのも一つの方法です。 離婚調停に詳しい弁護士に相談すれば、調停を有利に進められる可能性が高くなります。 また、代理人として弁護士を雇うという方法もあります。 プロが一緒にいてくれて代理をしてくれれば、非常に心強いです。 離婚調停はある意味では、戦いでもあります。 ですから有利な形に持ち込むためにも、弁護士を代理人にすることに大きな意義があるのです。