サービスを活用する

会社の清算手続きを専門家に任せるメリットについて

会社を設立する際には、必ず設立登記を行います。会社は、この設立登記が完了した時点で法人格を取得し、様々な権利・義務の帰属主体になることが可能になります。商業登記簿に登録するためには費用がかかりますが、個人とは別人格である法人として企業活動を行えるようになるメリットは大きいため、費用や手間がかかるという理由でこの手続きを省くような人はいません。一方、会社を消滅させる時には会社清算の手続きが必要になります。会社清算時に解散登記をするためには、法律で定められた手続きをきちんと踏む必要がありますので、とても面倒です。しかし、法的な要件を満たした上で会社清算手続きを取るようにしないと、余計な損害を被る可能性が出てきます。ですので、設立手続き同様、会社清算手続きも省くわけにはいきません。ただし、非常に複雑な手続きであるため、専門家に任せてしまうようにするのが得策です。

様々な専門家が会社清算サービスを提供しています

会社清算サービスを提供している業者には、様々な種類があります。会社が倒産して特別清算が行われるような場合ですと、裁判所がその管財人として弁護士を指名します。そのため、会社清算サービスを提供しているのは弁護士だけだと思い込んでいる人が少なくありませんが、そのようなことはありません。実際には、司法書士や税理士も会社清算サービスを取り扱っています。ここ数年は、税理士の会社清算サービスを利用する経営者が増えてきています。会社が解散することになっても、すぐに会社が消滅してしまうわけではなく、全ての手続きが完了するまでの間、清算法人として存続します。その間の税務処理がかなり複雑であるため、税理士の会社清算サービスを利用するケースが多くなっています。