過払い金を取り戻す

過払い金が発生する仕組み

2010年以前に消費者金融等の貸金業者と取引があった方は、違法な利息を支払っている可能性があるため過払い金が発生している確率が高いのです。なぜ違法な利息を支払っていることになっているのかというと、2010年以前は貸金業者の貸し出す際の金利の上限を定める法律が2つ存在していたのです。利息制限法と出資法の2種類があり、それぞれ上限金利が違うのです。利息制限法は上限20%ですが、この金利を超えて融資をしても罰則規定がなく出資法は29.2%でこちらに準じて融資をしていたのです。それが違法であるという判決が多く出たことから貸金業法が改正され出資法の金利も利息制限法に合わせれています。そのため利息制限法以上の金利で借り入れをされていた方は過払い金が発生している可能性があるのです。

法律事務所に手続きを依頼する

過払い金請求は、個人でも取引していた貸金業者に対して行うこともできますが法律事務所に依頼したほうが書類の作成から交渉まですべて代行してくれますので、効率がよいです。また、ほとんどの法律事務所ですが、すでに借金をすべて完済されてから過払い金請求をされる場合は着手金無料で引き受けてくれます。費用も取り戻した過払い金の中から成功報酬として数%とられるだけですので、実質自分の財布からお金は出さずに引き受けてくれることになります。注意しなければならない点は、過払い金請求には時効があることです。完済から10年で時効となります。それから借りていた会社が倒産してしまえば請求の権利がなくなりますので、まだされていない方ははやめに手続きをすることです。