サービスを活用する

会社の手続き関連は、やらなければいけないことが多く、やらない場合はペナルティーが発生します。会社精算もその一つであり、きちんとした手続きをしないと余計な損害が発生する可能性がでるので注意が必要です。

詳細を確認する

弁護士に相談する

結婚するときはいいですが、離婚する場合はトラブルが多くなります。財産管理、子供の親権問題などが揉める原因となり離婚調停へと発展することも多くなっています。離婚後生活にも影響が出るので、弁護士と共にしっかりとした計画を建てることが大切です。

詳細を確認する

倒産と解散の違い

借金の返済に苦しんでいる方必見!債務整理の相談をする事で借金返済を軽減出来ます。これから普通の日常生活を送りたいならぜひチェックしましょう。

倒産ではなく解散を選ぶケースが増えてきました

一昔前までは、会社の経営に黄色信号が点っても、ギリギリまで経営努力をし続ける経営者が大半でした。日本人は、結果よりもそこにたどり着くまでの経緯を重視する傾向が強いため、たとえ倒産という結果に至ったとしても、最後まで会社を立て直すための努力をし続けたという事実があれば、立派なエクスキューズになるような面がありました。しかし、事業のグローバル化が進展する中で、そのような浪花節が海外では通用しないということを嫌というほど思い知らされることになりました。そのため、現在では、たとえ債務超過になっていなくても、経営の先行きに明るさが見えない場合には、自ら解散をして会社清算してしまうケースが多くなってきています。早い段階で会社清算をすることによって、別の形での再起を図りやすくなるというメリットがありますので、多くの会社が倒産を待つことなく、早めに会社清算をする道を選択しています。

専門サービスを利用するケースが増えると考えられています

会社を解散することに対して強いマイナスイメージを持っている人が少なくありませんが、新たな活路を見出すための積極的なビジネス戦略の一種だと考える人が増えてきています。たとえば、赤字は出していなかったとしても将来性が全く期待できないような会社だったとすれば、早めに会社清算を行って、別のビジネスを立ち上げるようにした方が、周囲に迷惑をかけずに済ませられる可能性が高いです。また、不採算部門である子会社を清算してしまい、その会社が取り扱っていた事業を他社に譲渡するようにした方が、グループ全体として見れば有利になるという場合が少なくありません。そのため、事業を発展させるための方法として会社清算という形を選択するケースが多くなってきています。ただし、計画的に会社清算を進める必要がありますので、今後は専門サービスを利用して清算するケースが増えるのではないかと予想されています。

過払い金を取り戻す

消費者金融などと取引をした場合、違法な額の利息を支払いしていた可能性があります。個人で賃金業者に対して過払い金の請求もできますが、弁護士を通して行なったほうが効率よく行なうことができるので推奨されています。

詳細を確認する

相続問題への対策

相続問題にはたくさんの人が関わることになる問題であり、トラブルを回避するためにもしっかりと行なっておきたい問題の一つです。早めの対策を練っておくことで、突然の問題が発生した場合も適確に行動することが可能になります。

詳細を確認する